第3回姫路城マラソン

 

さて私ごとながら昨日は第三回目となる姫路城マラソンに参加してまいりました!

私自身三度目のフルマラソンの参加になるのですが、姫路は昨年に引き続き二年連続の出場となります

今年も早朝より播但線へと乗り込み、早速目的駅でもある姫路駅で下車

なんの気なしにいつもの改札をくぐるや、、、突然けたたましく鳴り響く楽器の音が!!

ななんと、写真のように地元城陽校区の小学生の皆さん方が、ブラスバンドの演奏&かわいらしい声援でお出迎えしてくれるではないですか!!

これにはほんと鳥肌もんでしたね!

週初めから足の具合が思わしくなく、今回の参加に対して少しテンション低めだった私も、アドレナリン出まくってしまいました!

城陽地区の皆さんありがとうございました!

その後は姫路城をめざし、地上の大手前通りに出ると、今度はボランティアスタッフの方々の気持ちのいい挨拶&誘導のお世話になりました

ほんとマラソン大会に出場するたび、感謝の気持ちでいっぱいになりますね!

ボランティアなくしてマラソン大会の成功なしです

その後も随時親切な誘導に導かれながら、参加者の列にまぎれ更衣場所でもある大手前地下駐車場を目指しました

そして、更衣場所に到着するや、もうすでにたくさんのランナーが待機中!

こうやって見ていると、みんな超速そうに見えてしまうのは私だけでしょうか(笑)

地下の更衣室にも関わらず熱心にアップをしている参加者の姿を見ていると、私みたいななんちゃってランナーは恐縮してしまいます(笑)

 

さてそんなこんなで時間もいいころ合いに。。。

とりあえずスタート地点を目指そうと地上に上がるや、、、

たくさんのランナーたちが右往左往

じゃなくて、めいめいにアップをしたり、応援の人たちからの激励を受けたり、参加者との待ち合わせをしたり、出走前に用をたしたりと、今から始まる長丁場を控え最後の調整に入っているようでありました

私はと言いますと・・・せっかくの姫路城マラソンと言うととで、お約束の姫路城をバックに出走前の記念撮影♪

その後は足速にスタートラインへと移動をさせていただきました!

実は、なぜか私は去年と同じくBブロックの出走権をいただいており、今年は自己ベストも狙っているということもあり、ブロックのほぼ最前列あたりをゲットしてやりました(笑)

 

さあここからは緊張の42.195キロの始まり!

黒田かんぺいさんの激励のトークに始まり、スターター石見姫路市長の号砲で姫路城マラソンの幕が切って下ろされました♪

なのでここからは昨年同様実況をお休み。

大きな声では言えませんが、一応自己ベスト更新を目指しておりますので走りに集中したいと思います。。。

 

 

≪途中省略≫

 

 

なので、いきなりのゴーーール♪

2017-02-26 13.36.51

個人的には自己ベストも更新し、夢目標サブ4、努力目標4時間15分こそは達成できなかったものの、必達目標のサブ4.5は何とかクリアすることができましたので、当初の不安材料からすれば万々歳の結果に終わりました

 

さてここからは今回のマラソンの振り返りです!

以下は昨年の感想ですが、、、

・コースがとても平坦ですごく走りやすかった!

・フルマラソンの参加人数が6000人程度と程よい感じ

・沿道の声援が神戸などにも増してローカルで温かい

・安室中や大白書中のブラスバンド演奏に感激

・小中学生の声援が励みになりました

・年配の方々の声援も大きな励みになりました

・私設のエイドの方々の優しさには涙が出そう

・ボランティアスタッフの皆様にはただただ感謝

・できればエイドごとのフードをコンプリートしたかった

今年はさらに、、、

・姫路駅改札で出迎えてくれた城陽地区の皆さんの歓迎に感動

・アスリート枠が増えて全体的にレベルアップした感じ

・愛城ランナの名入りゼッケンによる名指しの応援に感激

・とても良い天候に恵まれ終始さわやかな大会ムード

・仮設トイレの増設でトイレ待ちのストレスが軽減

・ボランティアスタックの方々の益々こなれた運営に感謝

と、いいところは延々と語りつくせません!

 

ただひとつだけ苦言を言わせていただきますと、、、まだまだマナーの悪いランナーがたくさんいるな~と言うこと!

事前の大会参加要領のパンフレットの記載や当日のアナウンスにもかかわらず、給水所の紙コップや自前のサプリのゴミなどのポイ捨てが非常に多かったということ。

多くのランナーが決められたゴミ箱にゴミを捨てるのではなく、道路にゴミを投げ捨てるのでボランティアの方々がせっせとゴミを拾っておられました!

これにはちゃんとルールを守っている私も恐縮!

おそらくゴミ箱のところにゴミを持ち運ぶのもしんどと言うのが言い分かと思いますが、ボランティアの人の心情もくみ取る意味でもマナーはきっちりと守ってもらいたいものですね

 

 

以上、姫路城マラソン2018のリポートブログでした!